下記のカウントダウンポスターは、引退日(定期演奏会)まで、3年生全員が1人1人順番に書いているものです。

新型コロナ以前から、過去どの代も3年生になった時に作ってきたものです。(本来であれば紙に書き練習場のみんなが見える所に貼ってあります)
IMG_3742

あと230日。


部活ノートⅡ


『こんばんは。
先生もご存知の通り、YOSAKOIや様々なコンサートが中止になり、コンクールの中止も検討されています。
私は小さい頃からいい意味でも悪い意味でも『なるようになる』という生き方をしてきました。
例えばYOSAKOIが中止になっても「やっぱり無くなってしまったか...。すごく残念だけどその分コンクールの練習時間が取れるかもしれない!コンクールがんばれる!」と思っていました。
そして、「ついにコンクールも無くなってしまうかもしれないのか...もし無くなってしまったとしたらマーチングや定期演奏会をがんばろう!」...と、この考え方は続いていきました。
YOSAKOIの中止が決まった日、みどじゃがやり場のない悲しみを抱えている空気の中、1人だけこの様な考えをしていて自分が浮いている気がしていました。


昨日、スターパズルマーチの思い出しをしようと思い冬コンのときの録音を聴きました。
そしてなんだか一緒にみんなと吹いている気分になりたくて、冬コンの音源と共に吹いてみました!笑
ドーン!パーン!パパパパッパッパーン!........
誰かの部活ノートにも書いてあったのですが、ここは宇宙旅行のイメージでここはこうやってフレーズをとらえて、あれはユーフォのメロディーをきくところだ!などと練習した思い出が急にバーーーーーーッと鮮明に蘇ってきて。
無性にみんなのことを思い出してしまって。
気がついたら涙だらだらの鼻水だらだらで吹いていました。笑
私が今までそれほど悲しくなかったのは、実感が湧くのが人より少し遅かっただけなんだと思います。
今まで自分が忙しさで詰め込んで無意識に押さえ込んでいたみんなと毎日の部活、コンサートやコンクールなどができない悲しみに実感が湧き、一気に込み上げてきたからなのだ、と。
姉が「妹は今家でできることを模索している様な感じ」とありましたが、今考えると自分は部活が一ヶ月以上できない悲しい現実から無意識に逃げようとしていて暇を作らないようにしてこの感情を押さえ込んでいただけなんです。

それにしても、音楽って本当にすごいですね。
一ヶ月以上うまく押さえ込めていた、みんなに会いたい合奏がしたい部活がやりたいという感情を一瞬にして色鮮やかに思い出させるものなのですからね。
それにしても、『名曲の名演を聴かせていただきました。』という冬コン審査員の方の最上級の褒め言葉の通り、自画自賛にも程があるとは思うのですが、ほんっとうに上手だと思いました!!!!!
過去の自分達と比べるのはあまり意味がないことだとは存じております。ですがここ数年の市船のマーチの中で最高級に上手だと勝手に誇っています。
我ながら、このままいくともしかしたら習志野高校をも脅かすバンドになるのではないか?!と思うほどでした。
練習が再開し、新赤じゃも参戦してからも、一月二月の調子で基礎合奏をバシバシやってさらにバンドを磨きに磨いていきたいと思っています。
このバンドは、確実に伸びますよ!!!

読んでくださりありがとうございました。
今はただただみんなに会いたい。高橋先生の指揮で合奏がしたい。そう願うばかりです。
どうかお体にお気をつけください。』








『コロナ休みで気づいたことは
沢山あります。
楽器を吹ける環境がいかに大切かということ。
一緒に吹ける仲間がどれだけ大切かということ。
家で楽器が吹けない今
外で楽器を吹くしかありません。
ろくに楽譜を見て吹くことも出来ないですし
テレワークの動画だって
風の音、鳥の声、車の音などの雑音が入って
テレワークに参加することさえ危うい状態です。
テレワークを撮るのに紺ブレで外に出なければ行けないですしね。笑
実際今日紺ブレで自転車を漕ぎました。笑
こういう時家で吹ける楽器はいいなと思います。
ご飯をまたいで楽器をふけたり,
室内での楽器の音が聞けたり
周りの人のことをそれほど考えず吹けたり
気軽に吹くことが出来たり
休憩を挟みながら吹けます
外では一度行ったら練習が終わるまで帰ってきません。
もちろん休憩なんて出来ません。
午前はまだ寝てる人がいると思い楽器が吹けません。
そして夕方には帰らないと。
近隣の住宅から騒音の通報があっては行けないので吹くことは僕には出来ません。
ちゃんと吹ける!!という時間は
だいたい1時から6時くらいでしょうか、
5時間連続では口がもたないのでそのうちの3時間吹くことにしています。
2時から5時ぐらいですね。
その中の練習では教本をやり始めてみました。
リップスラーももちろんやっていますが。
今までそれほど教本はやっていなかったのですが
やってみると楽しくてスライドの練習にも口の練習にもなります。やらず嫌いは良くないですね

GW中は家族ずれで川沿いにいる人が多すぎて楽器を吹けるというレベルではありませんでした。
その代わり僕はもう一度休業となった時に日商簿記検定2級のテキストを買って勉強を始めました。
僕は正直課題を出さないで欲しいです。
今こんな状況で学校の勉強をしろ!!と言われても正直気が向かないです。

これは僕の都合ですが自分の勉強をさせて欲しいです。こんな家に引きこもって暇があること二度とないです。成人になって大学生になってそれぞれやることはあります。ですが今は本当に何もありません。そんな今だからこそ今やりたい勉強をやらせて欲しい。

国語数学英語が無駄だとは言いません。
自分のやりたいことをさせて欲しいです。
もちろん漫画ゲームは別としてです。
これで通常通り授業を開始されても生徒たちはついていけず無理やり授業を終わらせられても人生に1度しかない高校2年生をドブに捨てて終わりです。
大人も大変なのはもちろんわかっています。
ですが大人は誰もが通った「やりたいことが出来た時間」を1年短くされるのは困ります。

コンクールマーチングYOSAKOI等どれも一生思い出に残ります。僕は高校生活の思い出を何も失いたくありません。みんな同じです。

僕は9月入学ではなく2021年高校2年生スタート
となると信じています。
何も失いたくないんです。
9月入学がなぜ不満かと言うとマーチングとYOSAKOIが被ってしまう。という可能性を自分の中で消せないからです。

全て自分の都合です 
自分の感情です
でも、思いは消せません。

9月に緊急事態宣言解除でそれからはコロナで弱った経済を立て直す期間でいいと思います。
大人の事情で無理かもしれませんが、僕はそう信じ続けます。』












明日、全日本吹奏楽連盟は今年度のコンクール、マーチング、アンサンブルコンクールをどうするか、ホームページに発表するはずです。


全日本吹奏楽連盟は、恐らく先ずコンクールは中止にすると私は考えています。
残って、アンサンブルコンクールだけかな。






【ニュースより】

9月入学、検討本格化=来秋導入想定、夏までに結論―政府
2020年5月8日 22:54時事通信ニュース
 政府は8日、入学時期を4月からずらす「9月入学」の本格的な検討に入った。新型コロナウイルス感染拡大に伴う休校長期化に対応するのが目的。今夏までに結論を出す。実行する場合は恒久的に来年9月からとし、今秋に想定される臨時国会に関連法案を一括提出する方向だ。

 先月30日に杉田和博官房副長官が関係府省の事務次官に論点整理を指示。これを受け、各府省が8日、想定される課題などを洗い出し、杉田氏に報告した。政府関係者は「あとは政治判断だ。夏までに決めないといけない」と述べた。





しかし、夏では遅い。
せめて6月末にはどうするのか、決めないと、今年小6、中3、高3年の動きをどう決めていくかに間に合わない。
夏では遅い。




下記のカウントダウンポスターは、引退日(定期演奏会)まで、3年生全員が1人1人順番に書いているものです。

新型コロナ以前から、過去どの代も3年生になった時に作ってきたものです。(本来であれば紙に書き練習場のみんなが見える所に貼ってあります)
IMG_3740
あと231日。



今日は部活ノート提出日。



いやー2、3年生だけで100人以上。

読みごたえ満タンです。



ほんの一部を




『こんにちは。

高橋先生、お元気ですか?

私は、時々送られてくる先生の写真を見てとっても元気をもらっています。

ありがとうございます!


朝のパートの電話でのTJKそして顔トレは私にとってこの休み期間とっても特別なものになりました。

その場所にいるのは、自分1人だけどやっぱりみんなの声を聞いて今日も1日頑張ろう!などと思うことができます。

けれど、やはり顔が見えない事そして今までみたいに全員で行えないことがすごく寂しいです。

でも、私たちが今やっている事、それを出来ていることにまずは感謝の気持ちを持ちたいです。

今更ですが、本当にスマホやSNSがある時代で良かったなと思います。


最近、次のテレワークでスターパズルマーチを行うので練習をしているのですが、不思議なくらいに冬コンでの演奏やそれまでの練習を思い出します。

あぁ、ここはよくだらけてしまうところだな、ここは宇宙旅行だ!!このリズムたくさんペットと合わせたな。

円になってやったグループ練習。

みんなでたくさん意見を共有しあえて、どんどん音がくっついていったのを覚えています。

考えると止まらなくなりました。そして、その時自分がニヤニヤしてる事に気づいてとても気持ち悪かったです笑

1人で練習をしていると全然上手くいかなかったり、何度も不安に押し潰されそうになります。

けれど、このように部活の事を思い出す事それが今の私にすごい原動力を与えてくれています。

絶対に負けません。テレワークでもクオリティを高く、また市船の音を直接聞いて貰えるようになるまで見て下さっている方々に感動をそして勇気と元気を届けられるように頑張ります!

高橋先生の指揮でみんなと一緒に吹けること。決して当たり前の事ではなかったと痛感させられました。

また学校と部活が再開した時、この想いは忘れずに過ごしていきたいです。


最後に、部活で毎日やっている発声の時間は私にとってみんなとコミュニケーションをとれる時間でもあります。

全員の顔、表情を見ることが出来る、本当に素敵な事だと今もなお実感しとても幸せだなと思っています。

どれだけ、辛い事があっても絶対にこの気持ちは忘れずにこれからも頑張りたいです。

そして発声練習の中には、その日の誕生日の人を全員でお祝いをする、ということがあります。

顔トレを指示してもらったり、歌のイメージを決めてもらったり、HGの目標をたててもらったりなど様々です。

誕生日の人を3色全員でお祝いする、市船吹奏楽部にとっては当たり前の風景だけど他の学校や部活はこのような事は少ないのではないかなと思います。

だからこそ、これからもずっと大切に続けていきたいしこの休み期間で誕生日だった人たちを直接みんなでお祝いする事が出来なくてとても残念で悔しいです。

でも、SNSbirthdayカードを作成したりそして休校明けでは、市船吹部らしく全力でみんなとお祝いをしたいと思います。

話が色々とバラバラですみません。

部活ノート。

一刻も早くLINEではなく、ノートにペンを持って書き、先生の音研に出せるようになること、願っています。

まだまだ続くお休み、自分自身にもコロナにも負けずに全員で乗り越えます!

今自分に出来ること、これからの為に自分が今やらなくてはいけないことを全力でやり切って休み明けそれを自分に胸を張って言えるようにします!』





『おはようございます。

この休みの期間中自分と向き合うことが多くなって感じた事があります。それは今まで人に甘えてきてやってきていたということです。今まで決められた予定で動くことはしてきていて、いざ自分で予定を立てて行動するということの難しさを学びました。自分はどちらかというとなにか誘惑があると釣られてしまうタイプで自分でコントロールすることを忘れると一日中何もせずに終わってしまうことがあります。正直に言うとこの休みの期間中もありました。これを先生に包み隠さず伝えようと思った理由は、この文章を書くことによって自分に言い聞かせて焦らせようと思ったからです。自分で自分をコントロールできない人間にはなりたくないと思っています。思っているのに行動に移せないのはそれは自分が弱いからだと思っています。今の私は甘ったれた自分に負けています。これを直せるのは自分しかいません。周りにどう言われようと自分が行動するからどうかで変わってきます。今自分がダメな方にいってしまっているという自覚があるので変えます。必ずです。口だけにはなりたくないので先生に言わせて頂きました。これを機に覚悟を持とうと思います。


話が変わりますが最近数人の緑ジャで通話をすることがあります。それが楽しいんです。友達って大切だなって感じます。緑ジャが自分で思っていたよりも大きくてかけがえのない存在になっていたことに驚きです。私が入部当初は、仲良くなれたらいいな〜くらいで思っていましたが、今となっては早くみんなと会って部活したいなとか今何してるんだろうなとか考えてしまいます。

それは高橋先生が緑ジャのみんなとちゃんと正面から向き合ってぶつかり合うことをさせてくださったからだと思っています。先生、私は市船吹奏楽部に入って後悔はした事はまだ1度もありませんし、これからもないと思います。休校中で皆に会えないからこそ考えられたことかもしれません。普段はみんなといるのが当たり前になっていて、今こうして当たり前を失った時に気付く大切さを知ることが出来て私は嬉しいです。この休みによってこれからの人生一日一日の出来事を大切にしようと思えるいい機会になりました。まだ引退は先ですが言わせてください。私は先生に出会えて緑ジャに出会えて幸せです。1日も早く部活ができることを祈っています。コロナに負けるな!自分に負けるな!自分に言い聞かせて顔晴ろうと思います!ダラダラと長い文章ですみません。

ここまで読んでくださりありがとうございました。』



58(部活ノート

自粛期間になってわかったことは自分が1人だと何も出来ない人間だったということです。正直に話すと、4月に入ってしばらくは楽器を吹いていませんでした。すみません。やる気になれずその気持ちのままサボっていました。気持ちの浮き沈みも激しくて、気持ちが浮いてる時は楽器吹いてましたけど、沈んでるときは楽譜すら見ませんでした。1回離れたくなってしまいました。そんなときに先生が大阪桐蔭のテレワークの話で私たちにもやれると言ってくださいました。そこから私はまた部活に火がついたというか、やる気が出てきたというか、部活から離れたいという気持ちが消えました。だけど絶対失敗するって思ってました。()でもとにかくやってみたい気持ちが本当に強かったです。それまでの私は、まさに何も無いことを悔やむだけで落ちてゆく人間のお手本でした。でもこうしてみんなでやれることができると言うだけで1日の使い方も変わったし自分自身の考え方がとても変わりました。ですがそれでもやっぱりやる気が出ない日もあります。

そういう日ってなぜかタイミング良く先生が変顔自撮りを送ってきてたり、あびこかのんがへそに落書きしてる写真送ってきたり、いつも誰かが私を元気にしてくれます。1人だったら、絶対まだネガティブ人間。ずんずん沈んで終わっていくパターンを辿り続けていると思います。ここにいて良かった、みんながいてよかったと思いました。


この長い自粛期間に入って、過去の思い出を振り返ることも少なくないです。たくさんいろんなことを考えます。今だからこそ今までできずにいたことをしてみるとこんなにいい事があるんだっていろんな面で知れた気がします。みんなに比べて私はすごくそれに気がつくのが遅かった。でもまだ1ヶ月あります。みんなに負けずに、私も成長した姿を見せたいです。最近になってやっと、毎日今までやらなかったことをひとつでも見つけてやってみる。という目標を決めました。サボらずまだ続いています。絶対5/31まで続けるんだと強い意志を持って頑張ります。

私はひとりじゃない!!!!!!!!』





『今回の部活ノート、何を書こうかすごく

迷っているのですが私の感じていることを

書きます。文章がまとまらないかもしれません。


正直、今は何もかも不安でいっぱいです。

私の家はマンションなので吹きたい時にいつでも楽器を吹けるという環境ではありません。

雨の日は楽器が吹けないという状況です。

天気がいい日は家の近くの公園で2時間くらいを目安に

練習しています。でも外だし、他にも人がいたりして思いっきり吹けているわけではないです。

こんな状態から突然コンクール練習に切り替わり、自分はついていけるのだろうか、今まで楽器に対して努力してきた時間を失った気分です。確実に実力も落ちていると思います。不安です。

これからのことを想像すると心が折れそうになります。

いつも当たり前に練習場があり、好きなときに好きなだけ練習できる環境というのがどれだけありがたいことなのか身に染みて感じています。

進路のことも不安だらけです。

私は上に兄弟もいなくて進路のことについて全然理解できいません。学校にいたらいつでも先生や友達にすぐ相談できるのに、今はそんな風にはいきません。

早く部活をしたい、学校にいきたいという気持ちが大きくなっていくのと同時に休校が長くなればなるほど部活がはじまったら、学校がはじまったら、自分は今まで通りやっていけるのか、、という不安も大きくなっています。


でも、そんな時でも嬉しいこともありました!

テレワーク演奏を見た他の部活の友達や卒業以来連絡も取っていなかった中学校の頃の友達、親戚などたくさんの人からLINEをもらいました。


久しぶり!

ほんっとに久しぶり笑

報道ステーションの市船吹奏楽部のを

見て思わずLINEしちゃいました!

私は大会がなくなっちゃってこれで

引退になるかもしれなくてすごいショックだけど、久しぶりに見れて頑張ってるの知って

すっっごい嬉しくて元気もらった!!!

お互い今大変だけど頑張っていこうね。

応援ソングほんとうにありがとう。


1人の友達から送られてきたLINEの文です。

泣きそうになりました。たくさんの言葉をきいて、私の方が元気をもらいました。音楽ってすごい、もっと頑張らなゃ、と前よりも少し明るくなれた気がしました。

何より、一緒に活動できなくてもこんな風に緑ジャ青ジャのみんなと繋がっていると思えてすごくすごく嬉しかったです。私の方こそたくさん力をもらえました。


すべてに『 LAST 』とつく今年、緑ジャのみんなと作れるはずだった思い出、過ごせる時間、たくさん失いました。引退までの限られた時間これからどうなってしまうのか不安でいっぱいですが今できることをするしかないですよね、


最近高橋先生が私たちにくれた言葉を思い出すようにしています。

日常に流されないように、自分の都合だけで過ごさないように、自分に甘えないように、、、!

思い出すと気が引き締まります。

活動再開したときにぜったいに嬉しいこと楽しいことが沢山待ってるって信じてます。

早くいつもみたいにゆっぺの高い声の起立!から始まる挨拶でTJKをして円になって歌って、、そんな日が戻ってくることを祈ってます。

今は踏ん張ります!!!!!!!!!


長くなってすみません。

はやく高橋先生合奏に参加できる日を楽しみにしてます。』






『こんにちは


一日を家の中で過ごす生活が始まって、もう2ヶ月が経ちます。学校に行けないことが、部活ができないことがこんなにも退屈でつまらないなんて思ってもいませんでした。


2ヶ月。本当だったらたくさんのことを学び、楽器の技術も上がり、たくさん悩みたくさんの話をして成長していたのでしょう。特に学年が上がって3色の1番上として活動する最初の2ヶ月間は、大変なことも多くて緑ジャが大きく成長する期間だったのではないかなと思います。それが失われてしまった悲しみは、どう言葉にしていいか全く分かりません。社会的には大変なことが起こった2ヶ月間ですが、市船吹部としてはこの2ヶ月は「空白」となってしまいました。もちろん、たくさんの取り組みを行って、みんなそろわなくても一つのものを作ることが出来て、まったく何も無いわけでは無いですが、やはり常に普通に部活ができていたら今頃はと、考えてしまいます。


不安なことも多くて、それを直接共有も出来ないのでどこに逃がしていいかも分かりません。パートリーダーなのに弱音を吐くのも、言い訳をするのもすごく嫌でたまりませんが、やっぱりこの期間で実力に差が出ているのかなというのがすごく不安です。家で練習できるかどうかって大きいです。木管楽器は外でもなかなか出来なくて、今は施設も開いていなくて、どうにかして練習時間を確保できないか日々模索中です。部活が始まった時に、私は家で練習できなかったから下手になってしまったんだ。といいわけをする自分が想像出来てしまって、情けないです。音を出さずに練習する方法も考えます。絶対に言い訳したくないし、実力も落としたくありません。コンクールがあるかもしれないなら、どうしてもメンバーになりたいです。仕方がない、という言葉で片付けたくないです。

はやく満足に練習ができる環境に戻りたいです。切実な願いです。


友理たちは、たくさんのものを失ってしまいました。本番も、限りある日常も。でも、得たものも他のどの代よりあると思うんです!!

みんなが会うことが出来ないことで、前よりみんなのことを考えました。テレワークをやった代も今まで無いですよね!最初は無理だと思っていました。でもそれは私の中の考え。58人もいればなんとかできるかもと考えるすごい人もいて、テレワークが実現しました。

非常事態をどうやって乗り越えるのかも、今までにないくらいたくさん考えることが出来ました。普通の日々の愛しさも、ものすごく実感しています。


先生の力も大きいと思います。先生が私たちのこと、全く諦めていないこともすごく嬉しいです。コンクールの夢のこと、ブログで拝見しましたが、私たちと同じくらい、いや、私たちの何倍もコンクールや他の行事(演奏する機会)について考えているんだろうなと思っています。本当にありがとうございます。先生の、諦めるなー!!今こそ頑張れ!!といった言葉に支えられています。

ここ1ヶ月は部活の人と本当に誰にも会っていないし、合奏をすることもないけれど、1日たりとも部活のことを考えない日はありません。それほど私の中で大きな存在です。きっとみんなそうなんだろうなと思っています笑


私たちが家にいる中で、外で頑張っている人がいるということを忘れずに、今は自粛します。もったいない時間にしないよう、何とか工夫して頑張ります!!』






『この休校になってから、マイナスに何事も考えてしまう自分がいました。いつもなら頑張れることも、面倒くさいと思ってしまったり、何をやるにしてもやる気が出ずにいました。そんな自分にイライラして、でもこの気持ちをどうすればいいのか分からずに、悩んでしました。

そんな時に心の支えになったのが、テレワークでした。最初に緑ジャの先輩方のテレワークを見て、すごくすごく感動しました。たくさん考えさせられました。テレワークでも、こんなに音を合わせて気持ちがひとつになっている緑ジャの先輩方を見て、自分が情けないと思いました。今までの自分を見直して、もっともっと頑張ろうと思うことが出来ました。

いつもいつも、自分を助けてくれるのは、市船という温かい場所です。早く緑ジャの先輩方や、大好きな青ジャ、そして市船での活動を心待ちにしてくれている赤ジャのみんなに会いたいです。たくさんたくさん話したいです。ありがとうと伝えたいです。

話は変わりますが、毎日ノートを書くようになりました。毎日、その日の目標とやるべき事、達成したことを書くんです!自分の中でもノートを書くことによって、モチベーションがすごく上がって、11日を大切に過ごそうと思うことができます。

今は、とにかく自分の中で最大限にできることをやり続けることが大切だと思います。この期間が、自分の成長できた期間となるように、頑張り続けます。自分の弱さに負けません!

1日でも早くみんなに会える日を楽しみに、毎日顔晴ります!



『やっと学校が始まると思ったらまた休校になってしまいました。休校が始まったばかりの時は毎日計画を立ててそれを実行することができていました。でもだんだん計画通りいかない日が続いてしまいました。何をするにも気が重くて、なかなか手につかない。なんでこんな気持ちになるのかも分からず、なんとなく楽器や勉強などのやるべきことから逃げて中身のない一日一日を送っていました。部活があった頃は頑張れてたのに自分1人になると何もできないんだなって思ったり、そんな自分が嫌で嫌で凄く焦りました。でもそれが続くと、こんなダメダメな自分を諦めて開き直ったような気持ちになりました。「私の家は楽器吹けないし」「しばらくテストもないし」などと言い訳を考えてダメダメな自分を正当化し、自分は何も出来ないロクでもないダメ人間だ。と開き直っていました。

でもその後、友人と電話で色々な話をしました。また皆がテレワークをやろうと提案していたり、高橋先生からのLINEを読んだりして「みんなこんなに頑張ってるのに自分は何してるんだろう」って凄く情けなくなりました。その時までは完全に自分のことを諦めていましたが、再び考え直しました。本当にレベルの低い人間ですみません。そこから、家では 音を出さなくても出来る練習をし始めたりしました。まだ1週間くらいしか経っていませんが、これを継続できなかったら本当に終わりだと思っています。私はこの休校期間で自分の弱さを身に染みて感じました。でもやっぱり吹部のみんなに助けられました。自分のスタートラインのレベルが低すぎて本当に情けないですが、こんな自分を変えられるのは自分しかいないので、強い意志で頑張ります。また前回の部活ノートと同じようなことを書いてしまいました。今回こそ前進します。長文失礼しました。』





生徒たちの失われた時間。


大人の1年と生徒の1年は全く異なるものです。別物です。






下記のカウントダウンポスターは、引退日(定期演奏会)まで、3年生全員が1人1人順番に書いているものです。

新型コロナ以前から、過去どの代も3年生になった時に作ってきたものです。(本来であれば紙に書き練習場のみんなが見える所に貼ってあります)IMG_3739

あと232日。







市船さんは、この長い休校中どのように各自宅にて活動しているのですか、生徒さんたちにどうつながりを持たせているのですか、とよく聞かれます。







朝は8時15分 オンライン挨拶

これは時間厳守です。

遅刻した場合は休校前の部活動の時と同じように遅刻した本人と出欠席をまとめている副部長から連絡が入ります。


「寝坊してしまいました。」という感じです。


その後、全員で柔軟体操、ストレッチ、筋トレ、発声練習、合唱練習などを行います。同じ時間帯に行うことにより、部活動は休みではない。皆で活動しているんだ!という意識を持つことが、何よりも大切だと考えています。


その後、勉強。これ一番大切!!!

勉強なのですが、オンライン授業!オンライン授業!と叫ばれていますが、本気でやる気になれば高校生の場合、オンライン授業などなくとも勉強する方法は山ほどあります。要は勉強する気が本気か、どうかということですね。本気ではない生徒にオンライン授業をしたところで無意味。ちなみにこれは、あくまでも高校生の場合です。ネット社会は勉強の宝庫。全て自分次第です。


このコロナ禍の休校。

結局、全ては自分次第でどうにでもなることを学んでほしいー。



楽器練習は各自に任せてあります。内容はパートリーダーが指示しているようです。練習時間は各自ばらばらです。統一はしていません。3日に一度何の練習を行ったかを報告してもらっています。


例えば


🔅勝部友理

54

基礎練習【1時間20分】

♩=60 マウスピース(B♭C D C B♭の形でオクターブ上までと、 そのまま上からB♭C DE♭FE♭DC B♭の形でオクターブ下まで下がってくる)

♩=60 ウォーミングアップ( B♭2A2拍休み2拍の形で下のFまで下がってそのままHi B♭まで上がってそのまま下がってきて下の B♭まできておわり)

♩=60 肺活量を増やす練習(B♭C B♭ うんB♭CDC B♭の形でチューニング B♭までノンブレスで上がる)(チューニング B♭から同じように下の B♭までさがってくる)息がもつようになるまで何回かやる。

♩=60  ロングトーン162拍で下の B♭からFまで半音階で下がる

♩=60 ロングトーン122拍で下の B♭からチューニング B♭まで全音階

♩=80 強制倍音

♩=80 下の B♭基準で上がっていく練習

チューニング B♭基準で下っていく練習

♩=96 リップスラー

♩=80 早いリップスラー

♩=100 スライドの間の音が入らないようにする練習

♩=120 タンギング練習

バンドスタディ【30分】

コプラッシュ【45分】

14番、16番、17番、18番、19

コンクール曲トイズパレード【35分】

吹き方のイメージをつける

足で裏を打って練習


合計【3時間10分】


こんな感じです。




またLINEにて市船吹部活動の根幹である部活ノートも提出してもらいます。


ちなみに明日は部活ノート提出日です。



後は最近、話題になっているテレワークによる合奏。このテレワーク合奏もレベルを上げるようにしています。今は指揮者なしで、テンポ変わる。アッチェル、リタルランドするなどなど。何事も挑戦です!!!



休校中もモチベーションを下げることなく、学校再開後、強い意識と高いクオリティで音楽に取り組めるように、常に「今この時」が大切です。






とある生徒の部活ノートより



『こんにちは

○○パートの○○です。

自粛が始まってから先生のブログを全て読むようにしています。

その中で、森田ことみ先輩について書かれていらっしゃった時に暇という言葉を禁止しているんだというのを見て私も真似をすることにしました。

暇、やることが無い、そう言っているんじゃなくて今何が出来るのか考えることにしました。

それから毎日充実させることができるようになった気がします。

朝、TJHGが始まる前に1時間のウォーキング、洗濯物を干す、午前中は勉強、文字を書く、そして午後は楽器の練習、ダンスの練習、筋トレというふうに毎日のルーティーンを作り、やっと身についてきました。

私が一日の中で最も大切にしている時間は午前中の勉強です。学校の課題ももちろんの事なのですが、ダンスの知識をつける、得意な英語のTOEICのテスト勉強、クラシックを聞くなど今までなぜだろうと思っていたこと、わからなかった知識が自分に入ってくるのは具体的に自分が成長した感覚を得ることができるのでたのしいです。好きなことを勉強する、何かについてじっくり考える。今まで感覚や自分の考えを信じすぎていた私にとってとても新鮮です。

最近、YouTuberのアズマさんという、物語を配信している人の動画をよくみます。その人の物語の中に眠らないうさぎと走らないカメというものがあります。

ウサギとカメのお話通りウサギはカメにかけっこを申し込みます。でもうさぎは眠らずに走ります。ヘビが話しかけてきても虫が話しかけてきてもお構い無しに1人で突っ走って行くのです。

のろまなカメは蛇の友達に川が荒れていることを聞き、ワシの友達に運んでもらって川を渡りウサギに勝利します。眠っていないのになぜ負けたのだとあたまをかかえるうさぎにカメは、それはね、君が一人だからだよ。そう言います。

このウサギはとても私に似ているなと思いました。自分が正しいのだと優れているのだと思いこみ人の意見に耳を傾けず1人で走っていく。自分で言うのもなんですが私は決して努力できない子供ではなかったと思います。でもふと周りを見渡すと何故かひとりになっている。少し前の私はひとりになっていることに気づいても自分のせいじゃないとか、自分ができちゃうからだとか訳の分からない勘違いをして、自分の行動を考え直すこと、人の意見を受け入れることを放棄してきてしまったような気がします。すごくすごく恥ずかしいです。

中学の時はそんなふうに過ごしてしまっていたからなのか寛容な幼なじみしか本当の友達と呼べる人がいなかったような気がします。家族がいるから友達はたくさん居なくていいやとかそんなわけのわからないことをおもいながら。友達は数ではないけれど、私は友達よりも敵の方が多かった。でも、昨日の私の誕生日、たくさんの友達が連絡をくれました。動画を作ってくれました。パートのみんなが先輩たちが祝ってくれました。すごくすごく嬉しかったです。こんな誕生日初めてでした。たくさんの人が次会えた時あそぼうねとか、○○のこういう所が好きだよとか、努力してるの知ってるよと連絡をくれて暖かくて優しい仲間を感じることが出来ました。そんなことがあって自分は少し成長できているのかもしれないと思いました。

そんなことを考える時間を午前中にとることもあります。考えることが怖くて自分に向けてこなかったベクトルを向けてゆっくり考える、変われるきっかけをさがす。そんな時間を作っています。

今の自分に何が出来るのか何ができるようになりたいのかどこを成長させたいのか良く考えれば時間の使い方は分かりました。

ストレスが溜まる日々です。家族に当たってしまったこともありました。でも、そんな私を受け入れてくれる家族を大切にしていつまで続くのか分からないこの生活を有意義にしていくしかないのです。またみんなに会えた時衰えている自分なんて格好悪すぎます。成長したと思って貰えるように、今緩んでいる部分をしっかり引っ張りもう一度気を張って頑張ろうと思います。』




皆さんもモチベーションを下げることなく、この自粛を乗り越えましょう。


方法を考えることです。


何よりも考えることが大事。



能動的なものこそ!あなたを育てる!



そして、未来を信じましょう。




↑このページのトップヘ