毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日、トラブルのない日はありません。


でも、ここ市船吹奏楽部にいじめはありません。


毎日毎日毎日毎日毎日毎日毎日、トラブル対応に追われる日々です。練習そっちのけで、話し合い、話し合い、話し合い、話し合い、話し合いは市船吹奏楽部の日常の風景です。



嬉しいことがありました。


生徒からです。



「本当に、この市船吹奏楽部に入って私は変わることができました。なんというか、強くなれました。


昔は、表面上では極普通に装ってても、本当の中身では批判ばっかしたり、心の中では言われたことを全く受け入れてなかったり、弱い自分と立ち向かうことが嫌で嫌でしかたなくて、目を背けてきました。中身はボロボロだったんです。なんでこんなボロボロになってしまったのかは自分でもわかりません。昔は本当に辛かったです。そして、なによりも他人と違う状況が諸々あってコンプレックスの塊でした。


でも、今は違います。


あと一ヶ月。私はまだまだこれからできるようにしなきゃいけないことが沢山。でもこうして思うことができて、本当に周りの人に恵まれて、幸せだったんだな。って心の底から思えます。」





深く考えさせられました。



これが強くなるということなのではないでしょうか。


自分の弱さと向き合えるようになること。言い換えるならば、素直になるということ。



人生は、素直になって生きた方が遥かに楽しいのだと思います。

素直になると、何故か色んな人に感謝の気持ちが芽生えます。

不思議でなりませんが、人生そう出来ているようです。捨てたものではありません。



この生徒の過去のように弱いつまらぬ自分を必死で守れば守るほど、人間はボロボロになっていくようです。嫌な自分から目を背けて、他人の悪口を言えば言うほど、実は自分がどんどんどんどんボロボロになっていくようです。




まさにここに気付いてほしいがゆえ私は教師をしているのだと思います。




このような生徒の素直な心の叫びを聞く度に、


「じゃ、お前はどうなんだ、健一、お前はなんなんだ??」


と否が応でも私自身にベクトルが向きます。


お前こそ一番駄目じゃないかと、こういう生徒に教えられます。



その繰り返しの毎日です、私は。



そんな自分を情けないと思いますが、こんなにも生徒が自身と向き合い踏ん張っている、目を逸らす訳にはいかないと自分に言い聞かせながら、何とか、かろうじて教師をさせてもらっています。



しかし、そんなクソ弱い自分が自分。受け入れてあげるしかありません。受け入れてあげないと、結局は生徒に対して申し訳ないことになります。





素直に、飾らずに、体裁など気にせずに生きた方が遥かに楽しい。


私自身の問題です。


IMG_2022

IMG_2023
IMG_2021
IMG_2027
IMG_2035
IMG_2036
トラブル続きのアルビンスポーツセンターにおける全国マーチング強化合宿でした。


まだ乗り越えられていません。


これからです。


踏ん張れ美咲たち。
踏ん張れ健一。

IMG_1998
IMG_2006
IMG_2001
IMG_2007
IMG_2010
IMG_2011
IMG_2012
本日。
習志野文化ホールにて芸術鑑賞会。
落語。

見終えた後、早稲田へ。


早稲田アバコスタジオ入り。

秘密の録音。笑
来年の3月頃にわかると思います。
良い経験をさせていただきました。
美咲たちは1年の時、錦織圭東京オリンピック宣伝CMのBGMを録音した経験があります。あの時は、何時間もかかりましたが、今回は意外にサクッと終わり、皆、ほっとしました。



高校を卒業。
福島県から上京し大都会東京で、初めて一人暮らしを始めたのが、ここ西早稲田近辺。
大学浪人。
高田馬場にある予備校へ通う為です。

録音スタジオの場所を聞き、思わず懐かしさのあまり、生徒たちよりひと足先に西早稲田入りし、約1時間ぶらりと散歩しました。

三畳一間の下宿生活でした。三畳はなかなか便利なものです。こたつテーブルをどーんと置けば、座ったまま何もかもに手が届きます。寝る時もそのままごろりん。冬はこたつにしてごろりん。
今から40年前のことです。ちょうど今の美咲たちと同じ年代でした。

あちこち歩くと、当時毎日のように通っていた銭湯鶴巻湯が同じ場所にありました。もちろん新しくはなっていますが、懐かしさのあまり胸キュンが止まりませんでした。予備校の帰りによく立ち寄った鶴巻南公園もありました。私には40年前の風景と変わらぬ鶴巻南公園に見えました。三畳一間の下宿は立派な立派なアパートになっていました。が、お隣さんは40年前のまま。胸キュン止まらず、脳内から得体の知れない懐かしさ物質が出て来るわ、出て来るわ、一瞬40年前にタイムスリップしてしまいました。

あの頃と何も変わっていない自分自身。

と思っているのは自分だけです。

この40年間の歳月は私の中身も外面も変えに変えていきました。変わらぬものは、自分の都合というものだけです。


この40年間。どれだけの方々と出会い、どれだけの思いをし、経験を積み重ねて来たことか。

思い返せば、常に誰かに助けられ支えられて生きて来ました。1秒足りとて私一人の力で生きた瞬間はありません。いつもいつも支えられ、許され、守られ、助けられて生きて来ました。それは今も何ら変わることはありません。私一人では、この40年間を生き抜くことは不可能だったと思います。もちろん、それはこれからも同じです。一人では生きられません。



美咲たちに思いを馳せました。
美咲たちのこれから40年間を思いました。私はこの世にいないでしょう。いや人生100年と言われていますから100歳の私がいるのかもしれません。その時は60歳の美咲たちと語り合いたいものです。





西早稲田のコンビニのトイレに入りました。
当たり前ですが、トイレの鏡に映る自分自身は40年の歳月を重ねた顔でした。
しかし、私の中では、この40年間は、実は幻で40年前の自分を鏡の中に見たような現実を感じました。



私たちはこうして歳を取っていくのでしょうか。
そんなことを思いながら、生徒たちがいる録音スタジオへ向かい、練習を始めました。


何とも不思議な1日でした。

https://eplus.jp/sf/word/0000116517


これをタップされると、ページに飛ぶと思ったのですが、私はやはりアホのようでした。
飛びませんー!!!
申し訳ありません。
Yahooなどにコピペされて、飛んでくださいー!!
すぐにチケット購入へとつながります!!!

それでは!
今年のクリスマスは市船吹奏楽部と共に!!!


是非!!
市船吹奏楽部員の生き様をご覧になられてください!!


IMG_1989
IMG_1919




↑このページのトップヘ