高橋先生


夜遅くに失礼します。

感動しすぎて、先生に気持ちを伝えたくなりました。



マーチング、お疲れ様でした。

美咲たち、本当にかっこよかったです。美咲たちらしい、力強くて真っ直ぐな演奏演技でした。

みんなの顔がキラキラしていて、本当に素晴らしいものでした。


特にたっちゃん、薫が3年間ドラムメジャーをやっていたこともあり、きっとプレッシャーは大きかったと思います。それでも、たっちゃんワールド全開で笑顔いっぱいの演技をしていたたっちゃんは本当にかっこよかったです。

ブラボー!!!!


演奏が終わっても涙が止まりませんでした。これまで美咲たちがどれだけ踏ん張って、諦めずに頑張ってきたのか、よくわかりました。

人の心を動かすほど、みんなは立派でした。


演奏中、美咲たちのことを考えていると同時に昨年のマーチングのことも思い返していました。

今ではもう懐かしい出来事ですが、あの時の感情、空気、景色、全て鮮明に覚えています。

忘れることはありません。

今だから言えることを言います。

あの時はもう何もかも嫌でした。

何をするにも心がついていかなくて、あの時の自分は無気力だったと思います。

それほど、昨年のマーチングは自分の中で鮮明に残っている辛く悲しい思い出です。



今しかないこの時間、美咲たちに精一杯頑張ってほしいです。

一生懸命頑張っていることを知っているからこそ、より一層応援したくなります。

応援する側ってこんな気持ちだったんだなって今日改めて感じました。


本当にみんなお疲れ様でした。


高橋先生も身体に気をつけて、無理せず頑張ってください。


美咲たち、心の底から応援しています。


今日は本当にお疲れ様でした。

素敵な時間をありがとうございました。


北林音巴







1年前。

私は発表を聞いていられず、会場に生徒を残し、タクシーで学校に戻った。音巴たちの顔を見ることが出来なかった。1人学校に戻り、生徒たちに伝える言葉をざわざわする心を抑えながら懸命に探し続けた。見つからなかった。言葉が見つからなかった。大義に何度も何度も問い掛けた。でも言葉は出て来なかった。



あれから1年。

あの日を忘れたことはなかった。

今日、この日を待っていた。音巴たちの気持ちを拾い集め、しっかりと握り締める必要が私にはあった。それを美咲たちに託した。



習志野と市柏は別格中の別格であった。大横綱、全く歯が立たない。足下にすら及ばない。圧巻のサウンドと演奏演技であった。



しかし、私は美咲たちの気迫、執念、溢れ出る音巴先輩たちへの思いがこもった演奏演技に涙が止まらなかった。美咲たちは120%以上の力を出し切った。上手いとか下手を超えた次元の6分間であった。これこそ高校生。これこそ人間。これこそ音楽であった。心が揺さぶられた。


あの大横綱習志野、市柏を越え、市船を1位にしてくださった審査員がいらっしゃった。正直に素直に嬉しかった。この方には何かが伝わったのかもしれない。心の中で感謝を述べた。




まだ決着はついていない。

東関東小田原で代表に選ばれなければ、音巴たちの気持ちを拾い集めることは、まだできない。



再び地道な分厚い日常が始まる。

美咲たちと共に1日1日確実に乗り越えていきたい。





保護者の皆様、後援会の皆様、そして何より柚希組のみんな、ありがとうございました。まだまだ続きますが、今後も応援、ご協力宜しくお願い致します。



IMG_1179

IMG_1159
IMG_1175
IMG_1176
IMG_1173
IMG_1180
IMG_1181