IMG_1998
IMG_2006
IMG_2001
IMG_2007
IMG_2010
IMG_2011
IMG_2012
本日。
習志野文化ホールにて芸術鑑賞会。
落語。

見終えた後、早稲田へ。


早稲田アバコスタジオ入り。

秘密の録音。笑
来年の3月頃にわかると思います。
良い経験をさせていただきました。
美咲たちは1年の時、錦織圭東京オリンピック宣伝CMのBGMを録音した経験があります。あの時は、何時間もかかりましたが、今回は意外にサクッと終わり、皆、ほっとしました。



高校を卒業。
福島県から上京し大都会東京で、初めて一人暮らしを始めたのが、ここ西早稲田近辺。
大学浪人。
高田馬場にある予備校へ通う為です。

録音スタジオの場所を聞き、思わず懐かしさのあまり、生徒たちよりひと足先に西早稲田入りし、約1時間ぶらりと散歩しました。

三畳一間の下宿生活でした。三畳はなかなか便利なものです。こたつテーブルをどーんと置けば、座ったまま何もかもに手が届きます。寝る時もそのままごろりん。冬はこたつにしてごろりん。
今から40年前のことです。ちょうど今の美咲たちと同じ年代でした。

あちこち歩くと、当時毎日のように通っていた銭湯鶴巻湯が同じ場所にありました。もちろん新しくはなっていますが、懐かしさのあまり胸キュンが止まりませんでした。予備校の帰りによく立ち寄った鶴巻南公園もありました。私には40年前の風景と変わらぬ鶴巻南公園に見えました。三畳一間の下宿は立派な立派なアパートになっていました。が、お隣さんは40年前のまま。胸キュン止まらず、脳内から得体の知れない懐かしさ物質が出て来るわ、出て来るわ、一瞬40年前にタイムスリップしてしまいました。

あの頃と何も変わっていない自分自身。

と思っているのは自分だけです。

この40年間の歳月は私の中身も外面も変えに変えていきました。変わらぬものは、自分の都合というものだけです。


この40年間。どれだけの方々と出会い、どれだけの思いをし、経験を積み重ねて来たことか。

思い返せば、常に誰かに助けられ支えられて生きて来ました。1秒足りとて私一人の力で生きた瞬間はありません。いつもいつも支えられ、許され、守られ、助けられて生きて来ました。それは今も何ら変わることはありません。私一人では、この40年間を生き抜くことは不可能だったと思います。もちろん、それはこれからも同じです。一人では生きられません。



美咲たちに思いを馳せました。
美咲たちのこれから40年間を思いました。私はこの世にいないでしょう。いや人生100年と言われていますから100歳の私がいるのかもしれません。その時は60歳の美咲たちと語り合いたいものです。





西早稲田のコンビニのトイレに入りました。
当たり前ですが、トイレの鏡に映る自分自身は40年の歳月を重ねた顔でした。
しかし、私の中では、この40年間は、実は幻で40年前の自分を鏡の中に見たような現実を感じました。



私たちはこうして歳を取っていくのでしょうか。
そんなことを思いながら、生徒たちがいる録音スタジオへ向かい、練習を始めました。


何とも不思議な1日でした。