「沢尻エリカさんが麻薬で逮捕されたが、みなさんが指摘するように、政府がスキャンダルを犯したとき、それ以上に国民が関心を示すスキャンダルで政府のスキャンダルを覆い隠すのが目的である。私も桜を見る会を主催したが、前年より招待客を減らしている。安倍首相は私物化し過ぎているのは明白である。」


元日本の総理大臣民主党鳩山由紀夫氏のツィッターである。




この方が日本の総理大臣だったことに恐怖を感じている。



このツィッター。

「私鳩山由紀夫も税金使って桜の会をしていました。私もスキャンダルを起こした時、国民が感心あるスキャンダルにすり替え逃げ切って来ました。」

と、言っていることに気付かないのだろうか、この方は。


安倍首相を責めているのだろうが、ご自身の浅はかさにお気付きにならぬのだろうか。



いやー驚いた。



日本を、この日本を悪くしているのは、政治家とマスコミ。

と、断言できるツィッターになってしまっている。



私は本日右目手術の為、入院。

病院のベットで手術前、することもなくテレビを観ていたのだが、どこのテレビ局も、ここぞとばかりに沢尻エリカの批判、批判、批判。

確かに影響力ある芸能人の薬物問題は考えものである。

しかし、ここまで人格をズタズタにされる程言われなければならないのだろうか。誰もが心の弱さを持っている。そういう見方をしてはいけないのだろうか。



何でもかんでも白と黒にするマスコミと政治家。

実は一番グレイだらけのマスコミと政治家だというのに。



まるで天下でもとったかのように、これでもか、これでもかと沢尻エリカを批判。人格否定。


このマスコミの品の無さ。どうにかしてくれ。



だからこそ、私たち国民はマスコミに騙されてはならない。マスコミは絶対ではない。踊らされてはならない。

こうして私たちが観るからマスコミは調子にのる。儲かるから、それでいいと、ここまで日本を駄目にして来た。


その程度のマスコミ。

そして、この鳩山由紀夫氏の発言。


国民はあなたがおっしゃるような馬鹿ではない。沢尻エリカの問題で、政治家の問題が消えるようなことはない。

それは国民が馬鹿なのではなく、マスコミが馬鹿なだけである。国民を愚弄しないでいただきたい。



もちろん、マスコミの中にも、政治家の中にも心ある方は大勢いらっしゃることであろう。が、表面に出ているのが、この結果なので致し方無い。



そもそも若い方々は、もうテレビなど観ない。若者に聞くとテレビはつまらないし、くだらないという。

彼らはYouTubeである。自分の興味あること、学びたいこと、選択肢の幅があるYouTubeをセレクトしている。大変賢い。若者の方が遥かに賢い。


こんなどこの番組も沢尻エリカ、沢尻エリカと騒いでいる低俗な番組を観させられるのなら、若者の選択は正しい。大人なんかより、立派な日本にしてくれることだろう。



これからの時代はテレビではない。YouTube


いずれテレビ局そのものが消える日が来るのだろう。近い将来。






テレビ局が、マスコミが偉そうに胡座をかいていた時代は終わる。






話があちこちに飛んでしまった。




無事、右目の手術も終了。

これで今週末の大阪城ホールでの美咲たちを鮮やかに観ることが出来る!!



お医者様に感謝である。






最後に私たち教師が胡座をかいていた時代も終わった。

私が中学生、高校生の頃の教師。

タバコ吸いながら部活指導。殴る蹴る当たり前。合宿では酒飲んで生徒を呼びつける。酒飲んで修学旅行の見回りなど普通に行われていた。酒臭い教師のこと、今でもよく覚えている。昼休みにバレーボールを蹴った所をバレー部顧問に見られ、そのまま体育教官室へ呼ばれる。神聖なるバレーボールを蹴るとは何事だ、と髪の毛を引っ張られ、なんとハサミでロン毛を切られた。しかもそこには何人もの体育教師がいた。笑っていた。私は悔しくて涙が止まらなかった。まさに教師に胡座をかいていた時代だ。1970年代だ。もちろん心ある教師もいた。





時代は大きく動いている。変化している。

息苦しさ、堅苦しさを感じることもある。が、それは単に自分の都合にそぐわないだけのこと。

時代は胡座をかくことを許さない方向へと進んでいる。

香港の問題も中国政府は胡座をかいてほしくはない。個人が求める自由を、個人の責任のもとに寛容できる国つくりをしてほしい。誰もが自由を欲している。時の権力者が個人の尊厳を弾圧するような国つくりから世界が抜け出せることを願う。

そういう意味において、時代は動き、人間は進化していくべきだ。







もちろん、物事100パーセントではないから、この方向へ進むことのマイナス面を都合という意味合いからではなく、冷静に考えていきたい。









マスコミもそろそろ考えた方がいい。朝から晩まで沢尻エリカ。

沢尻エリカさんにも人格がある。人間の尊厳がある。心の弱さは誰もが持っている。寂しいのは誰もが嫌だ。放っておいてあげてほしい。裁くのは法。マスコミではない。




それにしても鳩山由紀夫さん。だからボンボンと揶揄されてしまう。

総理大臣をした誇りがほしい。

あっ、鳩山由紀夫さんも心の弱さを持っている人間でした。失礼しました。批判ばかりしていてはなりませんね。








誰もが心の弱さを持つ人間。

そんな中でリーダーとはなんぞや。

考えてしまう。





白内障右目手術無事終わりました。今はまだ眼帯をしていてわかりませんが、明日にはわかります。


明日は退院したら学校へ直行し!!超気合い入れて、全国大会の練習に臨みます。いよいよ今週!!!