私は日々、自身のコンプレックスと闘っています。

いや、闘っていると表現するとカッコ良すぎますね。

闘っているのではありません。

不適切な表現でした。


「自身のコンプレックスをいつも気にしています。」が適切だと思います。



自身のコンプレックスと、

時に闘う時もあります。

人のせいにして逃げる時もあります。

人を貶し自身の位置を上げ錯覚をする時もあります。

自慢話をし得意気になる時もあります。

人から必要とされると安心し、その瞬間コンプレックスが気にならなくなる時もあります。

しかし、絶えずコンプレックスは私の隣に座っています。




これは、恐らく私だけではなく、多くの方々が自身のコンプレックスを気にされているのではないでしょうか。


少々大袈裟かもしれませんが、人生って、この自身のコンプレックスとどう向き合い、どう共に生きていくかなのだと思います。




近年、2ちゃんねるから始まり、TwitterFacebook等々、数々のSNS上の世界が誕生しました。


そこでは匿名による誹謗中傷が後を絶ちません。これとて自身のコンプレックスを気にしているゆえのことなのかもしれません。


私もよく叩かれます。

「馬鹿顧問」だの(確かにー!おっしゃる通り馬鹿です。)「マジうぜえ奴」だの(そう感じられるならわざわざアクセスされなければよいと思うのですが。)「市船吹部生徒への愛がマジキモ」(確かに私は市船吹部の生徒をリスペクトしています。)「市船の生徒を褒めることで奴は自分自慢をしているだけ」だの(もはやここまで穿った見方をされる方にはなんとお答えしたらよいのやら、トホホ。)

・・・etc



まぁ匿名で叩くわ、叩く。

市船吹奏楽部の顧問であり、市船吹奏楽部のblogなのだから、褒めて、自慢して何が悪いのかしら?と思うのですが、お気に召さないようです。

名誉毀損に値するようなものもあります。


私はTwitterの類いをしていません。不特定多数の方が私の気持ちを、考えをご覧になれるのは、このblogだけです。



いつも思います。

そんなに私のことを誹謗中傷し、お嫌いならば、私のblogなど見る時間そのものが勿体ないだろうにと。私が驚く程入念に読まれ誹謗中傷していらっしゃる。


これも自身のコンプレックスとの関係なのだろうと私は推察しております。



この文章をお読みになられ、また引き合いに出され誹謗中傷されるのでしょう。



3年A組という興味深い荒唐無稽のテレビ番組がありました。『匿名による誹謗中傷について今こそ立ち上がり、考えましょうよ。』という内容の番組でした。

最近は韓国のKARAのハラさんがSNSの同調圧力、誹謗中傷により自ら命を絶たれたのではないか?と言われています。また小学校、中学校、高校などでも、SNS上の匿名による誹謗中傷、いじめは後を断ちません。




私たちは誰もが皆、自身のコンプレックスを抱え日々悶え苦しみながら生きています。


その苦しみからどう抜け出していくか、それは相手を否定し、誹謗中傷することでは決して抜け出すことは出来ません。





また意見と誹謗中傷は確実に違います。


根本的に違うものは、実名と匿名の違いです。


中には匿名だからこそハッキリと意見を述べられるという方もいらっしゃることでしょう。

確かに時と場合により、そういうこともあると思います。それにより救われる場面もあると思います。



しかし、今、世界で止めようもないほど動いている匿名による誹謗中傷について、私たちは真剣に向き合わなければならない時に来ていると思います。


名誉毀損は民事事件と刑事事件、どちらかになり得ます。


つまり、名誉毀損は犯罪と認定されています。




人間は自信(自己肯定出来ない状態)が持てないと、なぜか他者に対し不寛容となります。


不寛容さは攻撃的なものへとなるケースが非常に多いように感じます。


この根本的な原因は自己否定感。つまりコンプレックスにあるのだと思われます。





自身のコンプレックスとどう向き合うか、どう抜け出していくか。




本来、学校とは、そのことについて考える場なのだと思います。




戦後の偏差値教育は、学校本来の目的とは真逆の方向へ突き進んでいったとしか言いようがありません。学校が生徒にコンプレックスを植え付け、可能性を決め付けて来たとしか私には思えません。



既に始まった人工知能AIの時代。




誰もが抱えるコンプレックスをどう克服していくか。






落ちこぼれ、底辺校、指導困難校、などという人間の尊厳を踏みにじった言葉を生んだ偏差値教育を、この国は本気で考え直さない限り、何も変わりません。



十把一絡げにし、世界を白黒にする。

匿名による同調圧力は膨らむばかり、

毎日のように自分のコンプレックスを誤魔化す為に何の生産性もない誹謗中傷がネット上で飛び交い繰り返される。




人が人を信用出来ない世界へと我々は真っしぐらに進んでいくのでしょうか。



市船吹奏楽部の生徒をリスペクトしています。今日も彼ら、彼女らは真剣に自分自身のコンプレックスと向き合い、人の気持ちに寄り添う努力をしました。匿名ではなく、自分の顔で、言葉で、身ぶり手振りで、相手と、そして自分自身と真剣に向き合いました。


相手を信じるには、不確かなこの自分自身を強く信じる意志を持たなければなりません。


彼ら、彼女らは必死に意志を持とうと、立ち向かおうとしています。




定期演奏会まで、あと5日間しかありません。

闘うは自身のコンプレックス。



赤ジャは諦めません。最後の最後まで。