IMG_4208
IMG_4209
IMG_4211
IMG_4214
IMG_4212
IMG_4213
IMG_4218
IMG_4219
IMG_4223
IMG_4222


学校を再開させるとは、どういうことか。

ゼロリスクは、新型コロナ以前からこの世界にはありませんでした。

自宅にいても地震、洪水、火事…何が起きるかわかりません。

自宅から一歩外へ出たら、これまた何が起こるかわかりません。


しかし、私たちは毎日毎日ビクビク生活していたでしょうか。誰一人そんなことはしていませんでした。





ある中学校の校長がこう話されたそうです。
「幸いにも10代で重症化した例はゼロです。どうか先生方、過度の感染対策をし過ぎるあまり、生徒に家畜のような生活をさせないでください。心ある人間です。学校を再開したとはどういうことか、生徒を家畜のように扱うことなのか。どうか先生方考えてください。10代での重症化はゼロですから。このデータのもと、生徒の健康はもちろんのこと、心を大切にするのが私たち教職員の役目です。」

なんと立派な責任あるリーダーなのだろう。と私は心打たれました。




「無症状の若者がウィルスを広げているんだ。」
という世の中の空気感。

10代には、罪も責任もありません。



というより、コロナに感染したら悪者なんでしょうか。
悪いことなんでしょうか。
誰か責任取らなければならないんでしょうか。
例えば生徒が感染したら、
教師が?
校長が?
教育委員会が悪いのでしょうか。
責任を取らなければならないのでしょうか。


違います。
誰の責任でもありません。







感染されてしまった方を責めることではありません。




明らかにおかしな方向へ行っています。
何だかたまらなく悔しく悲しいです。